So-net無料ブログ作成

「映画編」金城一紀 [書評]

中学生だったころ、ジャッキーチェンは紛れもなく僕らのヒーローだった。
僕らはみんな、人差し指と親指でおちょこを持つようにしてゆらゆらと揺らめき「酔拳」を繰り出した。
そんな頃の幸せな記憶をよみがえらせてくれる小説「映画編」。ス・バ・ラ・シ・イ!!
著者が私と同世代のようであり、「同世代にしかわからんだろうな」と思う部分もないではないけど(特に第1編)、それを差し引いても傑作であることに変わりはない。
是非読んでみてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。