So-net無料ブログ作成

山口隆「叱り叱られ」

大学時代、理解出来ない言葉で語る教授が好きだった。自分の知らない世界を自分の理解出来ない言葉で語る人。その人の言葉に耳を傾け、少しでも理解出来れば、それはすなわち自分の世界が広がることを意味する。自分とは違う世界を自分とは違う目で見ている人。そんな人と話をしたいと思っていた。

サンボマスター山口隆の対談集「叱り叱られ」を読みながら、そんなことを思い出しました。
大御所ミュージシャンに食らいつくようにして話す山口隆がすごい。
佐野元春を「スイートアンチテーゼ」と表現するセンスも秀逸。
サンボのファンでない人も買って損なし。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

しろ

突然のコメント失礼します。ネットで検索をしていて偶然お名前を見つけました。中学の時、同じクラスだったことがあります。お仕事でご活躍されてるのですね。何だか懐かしくてコメントをしてしまいました。お互いがんばりましょうね。
by しろ (2008-11-18 20:32) 

outlaw

しろさん、コメントありがとうございます。
ここしばらくは自分のブログを見る時間もないほど忙しく、失礼しました。

外見はすっかりメタボなおじさんですが、中学生の頃のことはよく覚えています。途中で転校しているのでどちらの同級生の方が判りませんが、こちらもなんだか懐かしく、うれしいです。
お互い頑張りましょう。
by outlaw (2008-12-10 17:08) 

しろ

お返事がいただけるとは思わなかったので嬉しいです。HNの中学です。
確か、隣の席だったような記憶が・・。プロフィールの写真を拝見したら、おもかげがあって一目でわかりました。私もいつのまにか?アラフォーです。
月日がたつのは早いですね。
by しろ (2008-12-11 20:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。