So-net無料ブログ作成

「一瞬の風になれ」 佐藤多佳子

高校生の陸上部員が主人公の青春小説。

放課後にトラックを疾走する陸上部員はみんな寡黙で、目は前を見据えていて、なにか走りながら自分と対話しているような趣があった。
ストイックで孤独な自分との戦い。

そんなイメージだったが本書を読んで少しイメージが変わったかもしれない。特に400メートルリレーに関する描写は陸上の団体競技としての一面を教えてくれたと思う。
3部冊で長編だけど全体に読みやすく、すっと読める。
けど、少しさわやかすぎるかも。高校生男子はもっとモヤモヤしていて、汗臭くて、イヤラシイはず、と思うのは年を取った証拠か。



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

しろ

陸上と聞くとどこか懐かしくて、自分の青春の思い出なのかなと思ってしまいます^^;読んでみようかな。outlawさんの青春の思い出は何ですか。
by しろ (2008-12-18 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。